悲しそうに歌う母さんと濡れたTシャツ

「勘違い」に関して、どう思っているだろうか。「スープカレー」とは、多くの人からはどんな感じで受け止められているのかな。べつに真剣に考える気分になったわけじゃないよ。
ホームボタン

喜んで泳ぐ君と横殴りの雪

ある変わった業務があったとき「まあ、なんとかなる」などと思っていた入所当時。
その時、私たちプロジェクトメンバーのみんなが「過ぎればどうってことないよ」と無責任にとらえていた。
そしたら指導専門の女性が言ったセリフが記憶に残っている。
「達成に向かってしっかり毎日を費やしたからこそ、業務終了後に成功するだけの話。
なので、みんなのように楽観的に過ごしていて、たまたま業務が単純だったという意味ではありません。
過ぎれば単純だったといった裏の意味は、正反対です。
前から真面目に取り組み準備を進めたからこそ能力が業務内容を越えて、内容が円滑に進んだと言っています。
全身全霊で取り組む気になれましたか?
甘く見ないで頑張ってください。」
との事。
そして、私たちはそれに向けて全力をそそぎなんとか収めきることができた。

気分良く熱弁するあなたとよく冷えたビール
やりたいとは別に思っていなかったけれど、運動もちょっとはやらなくてはと今日この頃思った。
仕事が異なるものになったからか、このところ、走ることがとっても減り、体脂肪率がたいそう上がった。
それに加えて、年も関係しているかもしれないが、お腹周りにぶよぶよと脂肪がついてきて、とってもみっともない。
ほんの少しでも、頑張らないと。

よく晴れた水曜の午前は熱燗を

レフも、実に好きだけれど、それとは違ってハマると言うくらい気に入っているのがトイカメだ。
2000円強程で小さめのトイカメがすぐ得られるし、SDカードがあればパソコンでもすぐに見れる。
真実味や、感動の瞬間を撮るには、一眼がぴったりだと思う。
けれど、その雰囲気や季節らしさを撮りたいときには、トイカメには他のどれにも歯が立たないと推測する。

勢いで跳ねる彼と失くしたストラップ
ここ数年、小説を読まなくなった。
20代の時は、毎日読んでいたけれど、ここのところ、仕事が忙しいし、読む時間をとりにくい。
もし時間があったとしても、ゆったりと好きな小説をじっくり読むという気持ちになかなかなれないので、見ていてもおもしろく感じにくい。
けれど、すごくはまってしまう小説に何年ぶりかにに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説が好きなので、お二人が賞をとった群像文学新人賞が自分の好みに近いものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
けれど、次の世代の光っている新人がいないかと気にかかるからまた読んでみたい。
だけれど、純文学なのだからと無理に難しい単語を使っているけれど中身が伝わりにくいものも多いから残念だ。

どんよりした火曜の明け方はシャワーを

辺ぴなところに住んでいたら、ネットショップでものが簡単に購入できるようになったのが、大変便利だ。
それは、大型の本屋が市内に一軒だけしかなくて、本の品ぞろえもひどいから、手に入れたいマンガも買えないからだ。
取り寄せるよりネットで購入するほうがお手軽だ。
なぜならば、書店に行くのにバイクで30分近くかかるからとてもめんどうだ。
オンラインショップに手慣れたら、なんでもオンラインショップで手に入れるようになった。
家電は、ネットのほうが絶対に安価で、型番商品は確実にネットショップ購入だ。
だけど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

風の強い水曜の夜に食事を
一人の人間のおおよそが水分という発表もありますので、水分摂取は人間の基盤です。
水分補給を怠ることなく、皆が健康で楽しい季節を過ごしたいですね。
ぎらつく太陽の中から蝉の鳴き声が耳に入るとこの時期、いつもはそんなに出かけないという方でも外出したいと思うかもしれません。
すると、女の人だったら紫外線対策に関してマメな方が多いかもしれません。
夏の肌の手入れは夏が過ぎた頃に出るという位なので、やっぱり気にしてしまう部分かもしれません。
そして、すべての方が気になっているのが水分摂取についてです。
まして、いつも水の飲みすぎは、良いとは言えないもののこの時期は少し例外かもしれません。
その理由は、多く汗をかいて、知らず知らずのうちに体から水分が抜けていくからです。
外出した時の自身の調子も影響するでしょう。
ともすれば、自身で気付かない間にわずかな脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
真夏の水分補給は、次の瞬間の身体に出るといっても言い過ぎではないかもしれないです。
短時間だけ外に出る時も、小さなもので大丈夫なので、水筒があるととても便利です。
一人の人間のおおよそが水分という発表もありますので、水分摂取は人間の基盤です。
水分補給を怠ることなく、皆が健康で楽しい季節を過ごしたいですね。

じめじめした水曜の早朝に想い出に浸る

花火の季節だけれど、今住んでいる場所が、行楽地で毎週末、花火が打ち上っている、もはや見慣れてしまって、新鮮さも感じなくなった。
毎週、打ち上げ花火を打ちあげているので、クレームもわんさかあるらしい。
俺の、家でも花火の音がうるさすぎてわが子がパニックで泣いている。
シーズンに一、二回ならいいが、夏期に、週末の夜、長時間、大きな音が鳴り続けていては、うんざりする。
さっさと花火が上がらなくなればいいのにと思う。

暑い金曜の日没は食事を
漁港の近くに私たちは、暮らしているので、地震の際の津波を父が心配な気持ちをもっている。
ことのほか震災後は、どれくらい海から隔たっているのかとか高台はすぐ近くにあるのかとか語る。
私と妻も安心できないのだけれど、要領よく金額的にいける賃貸も見つかるわけではない。
ですが、誠に大津波がやってくるとなってしまった際に逃走する道順を設定していないととそう思う、しかし、防波堤周りしか道がないので、あらためて想定してみたら危険だと思えた。

よく晴れた日曜の日没に散歩を

作家、太宰治の斜陽の、をよく読む私は、伊豆の安田屋旅館に向かった。
同じく本が割と好きな親友。
その安田屋旅館は、彼がこのストーリーの一部を執筆するために宿泊した海が見える旅館。
一歩歩くと、ミシミシと、音が聞こえる。
女将さんに見せてもらったのは、宿泊した二階にある角の部屋。
富士山が少しだけ、姿を出していた。
道路を挟んですぐの海には生け簀があった。
このあたりは来た甲斐ある。

一生懸命走る友人と霧
気になってはいても行ったことはない、だけれども、しかし、暗くなってからの動物園は、夜行性の動物が大変盛んに動いていて眺めていて楽しいらしい。
前から知っていても、昼間ではない動物園は動物を観察しに行ったことがないけれど、子供がもうちょっと夜もおきていれるようになったら見に行ってみようと思っている。
もう少しわかるようになったら、きっと、娘も喜んでくれるだろうから。
ふだんの動物園と異なったムードを妻も私もきっと楽しめると思うので味わってみたい。

Copyright (C) 2015 酔った船乗りは笑わずに口を閉じた All Rights Reserved.